ケ・セラ・セラな日々をつづります・・・。
--/--
-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/24
2006 Thu
真那☆誕生の日
マナを出産してから48日が過ぎました。
お産をした日のコトを記録しておきたいとずっと思い続けて今日まできてしまいました。
って言ってもマナが寝てくれているほんの少しの時間しかないからすぐには書き終わらなそう。。。(;´д`)

7月10日
この日に陣痛促進剤を使っての出産予定。
AM7:00からお腹の赤ちゃんの状態を確認する為にモニターをとりました。
赤ちゃんの心拍数の確認ってやつですね。
30分ほどチェックして、問題なしとのコト。
赤裸々に書いてしまうと、この後●腸をいたしました。
その後シャワーを浴びて、急いで朝食。
本当に慌しかった~。

AM9:00に分娩台に横になり、医師による処置が始まりました。
朝1につけたモニターを再度お腹につけて赤ちゃんの心拍を確認。
このモニターで赤ちゃんの心拍と同時に、私の子宮の収縮状態も分かるようになっています。

子宮口を柔らかくする為の注射をお尻に打ちます。
それから子宮へ風船?を2つ入れたとの事。
これも子宮口を開く為の処置らしい。。。
そして肝心の陣痛促進剤の点滴を開始~。

のんびりとTVなんぞを観て、側に座っている旦那さんと談笑。
午前中は暇だなぁ~なんてのんきに過ごしていました。
お昼近くになると生理痛のような痛みが始まりました。
でも生理痛程度ですからどうって事なし。
分娩台に運ばれてきた昼食を少し食べておきました。

その後お腹の張りが強くなってきて、冷や汗が出るぐらいの痛み。
お腹につけてあるモニターの数値も急激にUP!
キタ来た~!( ̄Д ̄)ノ オウッ
って自分的には思ってるんだけど、看護婦さんに聞くと「まだまだ全然よ~」って軽くあしらわれちゃう。。。
でも陣痛は規則的になっていたので、12時位からが陣痛のスタート!
その後しばらく痛みに耐えてて14時位だっかなぁ。
先生の診察で子宮に入れた1つ目の風船が取れた。
これで子宮口はやっとこ3センチ位広がった所らしい。
子宮口の広がりが悪いらしく、またまたお尻に注射。

その後吐き気をもよおして、嘔吐しまくり。
促進剤の副作用らしいです。。。
吐き気が治まると陣痛も徐々に弱まり始めてしまいました。
この時、促進剤は1日に投与できる規定量を使い終わってしまいました。

17時ぐらいだったかな。
先生の診察。
陣痛も弱くなっちゃってるし、子宮口の開きも悪いらしい。
それでも2つ目の風船が取れて、やっと5、6センチ開いているとの事。
ここで先生から選択肢を与えられたのです!

①これ以上促進剤を使えないので、このまま陣痛が無くなって翌朝仕切りなおしにする(えぇ?!(゚ロ゚;)ここまで陣痛に耐えたのに、また明日1からなんてイヤだ~!!!)

②私の血圧が高いということもあり、危険な状態になる前に帝王切開にするか。

①の場合はもしかしたら促進剤が完全に切れても、自然の陣痛がそのまま始まるかもしれないっていう可能性もあると言われ・・・。
う~ん。困った。
気分的にはこの時すでに陣痛の痛みにもがいた後だっただけに、帝王切開して欲しいかも。。。。と頭をよぎっていました。
(隣の分娩室の人が私と一緒の時間に分娩台に乗って、同じように促進剤を使い始めたのですが、数時間後、子宮筋腫のせいで自然分娩は×との判断により帝王切開に切り替わり、数分後には「フンギャー!」って産声が聞こえてきたってのがあったんです)

せっかく逆子も直って自然分娩が出来る!って喜んだ気持ちも思い出して、答えを出せずに少し考える時間をもらいました。
旦那さんは「あんまり辛いなら切ってもいいと思うよ。」とのお言葉。
そんな会話を繰り広げて悩んでいると、担当の助産師さんが一言。
「時間はまだあるからすぐに答えださなくても大丈夫よ。」
「でもね、私は貴女なら頑張れると思うの。下から頑張ってみたら?」
と初対面の助産師さんにとっても勇気付けられてしまいました。

この時、母が分娩室の外にいると旦那さんに言われて、陣痛もかなり弱くなっていた私は促進剤の点滴を付けたまま分娩室の外へ~。
母にも「どうしよう?!?!?!」ってすがったら「頑張りなさいよ!」とのお言葉。
助産師さんと母。
この二人の言葉で「頑張るぞ!!!!!」って気持ちが大きくなり、帝王切開の選択肢は消え去りました!

そのまま陣痛が無くなって翌日仕切りなおしもやむなしと思っていたのですが、数時間が経過すると再びお腹の張りが強くなってきて自然の陣痛が始まりました。
21時には子宮口が全開(10センチ)に。

がしかし、一向に赤ちゃんが下に下りてきません。。。。
よくある話では赤ちゃんが降りてきてるけど子宮口が全開じゃないから
「まだイキんじゃだめよ!我慢して!ヒッヒッフー」
ってパターン。
私の場合は赤ちゃんを下に下げる為に「もうどんどんイキんで良いわよ~!」とのGOサイン。
GO!と言われてもイキみかたが分からない。。。
ε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノ ヤバヤバ
「安産教室」なるもので呼吸法を習うはずだったのに、予約してあった安産教室の日が、分娩当日だったのです。
助産師さんは呆れ顔=( ・_・;)⇒ アレ?
陣痛に絶えながらイキみ方を教えてもらい、イキみ開始!

左右のハンドルを握ってウゥゥゥゥン!!!
何回踏ん張ったのだろう。。。。。
血管切れそうになり、過呼吸で手足もしびれてくるし。
途中1回だけ赤ちゃんの心拍が150から急に70に低下してしまい焦ったけれど、それも乗り越えていきみ始めてから1時間が経過・・・。
2時間が経過・・・・。
3時間が経過・・・・・・・。

あぁ。日付が変わっちゃった。
看護士さんが色々用意していたものの日付を書き換えたりしていた。
(結構冷静?!)
イキむパワーも限界に近づいてきた。
でもあと一息、赤ちゃんが見えてこない。。。
先生はあと少しだけ促進剤の力を借りたいらしく、協議の結果少しだけ投与した。
私の周りに助産師さん&看護士さん、プラス先生で5人が取り囲んで「頑張れ頑張れ!」
「上手上手!!!」
と励ましてくれる。
意識朦朧、息も絶え絶えとはこのことだろうと思う。
あと一歩のところで赤ちゃんが出て来れない。
器具の力を借りましょう、との事。

吸引機が用意されました。
その前に会陰切開~。これ切られても全然痛みなんて感じません!
吸引機で赤ちゃんの頭を引っ張るものの、吸引機がスポーンと外れて血しぶきが飛び散ってました。。。
吸引機を2回チャレンジするも分娩できず。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

鉗子分娩に変更。
私は鉗子を見る事は無かったのですが、旦那さんいわく「恐ろしい道具を使っていた」との事です。
AM1:00。
最後の力を振り絞って私はイキみ、鉗子の力を借りて真那は私たちのもとへやってきてくれました。
真那の産声はとっても元気!!!
みんなの「おめでとう!頑張ったね!」の言葉が忘れられない。
とにかく興奮していて、真那に対面したらボロボロ泣いちゃうと思っていたけれど「いらっしゃーい!」なんて三枝のような言葉をかけていました(笑)

生まれたての真那を胸の上に乗せもらった時の気持ちは、頑張ってくれてありがとう!でした。

少し冷静になってから胎盤が出てきたり、切開したところを縫合したり。
この時の方が辛くて「痛い、痛い」と何度も叫んでしまっていた。

朝から私の横で励まし続けてくれた旦那さん、本当にありがとう。
旦那さんがいなかったら挫けていたかも・・・。
でもね、一番感謝しているのは助産師さんです。
とにかく私の全ての面倒を見てくれて、励まして勇気付けてくれた!
Mさんのおかげで私は無事に真那を出産できたと思っています。

とにかく、お産に関わって私を支えてくれた全ての人に感謝です!
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示

■すごい!!
aiちゃんすごい!!
読んでて吸い込まれちゃったよ。
母は強しとは本当だな~と実感。赤ちゃんうむのって本当に大変なんだね。
いきむところなんて私も一緒に力入ちゃった。前記事で、いきみすぎで色んなところに内出血が!って書いたあったの思い出したよ。こんなに長時間いきんだらそりゃなるよ。。。
本当にお疲れ様!!!
【☆;:*:;☆オツカレサマ☆;:*:;☆ 】>c=( *^▽^)ゝ
ぷっぷ | URL | 2006/08/28/Mon 13:37 [EDIT]
■力入るね
愛ちゃん、久しぶり。お宮参りも無事終わったんだね。相変わらず、真那ちゃんは寝てくれないようだけど、すくすくと成長してるようで何より。
しかし、改めて出産って凄いね!
イキみ方分からないってのは、笑えたけど・・
この間新聞の一面に、出生率が6年ぶりにアップって載ってたよ。うちら第二次ベビ-ブ-ム世代が貢献してるんだって。ホント、今年周りで多いもん。私も子供が欲しくなってきた・・・
実家でのんびりも後少しだよね~また、9月に遊びいくよ!
sato | URL | 2006/08/29/Tue 09:27 [EDIT]
■感動・・・
今年うちの周りでも出産ラッシュなんだけど
「大変~」とか「痛い」しか聞けないので
詳しく書いてあるとすごく参考になる。。

妊娠前なら「うーーー怖い・・」で終わる文面も
いざ妊娠してると「頑張らないと!」ってFightが沸いちゃうから母って不思議ね^^

aiちゃんに「女なら耐えられない痛みではナイ」の言葉が私にはジーンときてていつも
この言葉を思い出しながら具合の悪い時
頑張ってます^^
marco | URL | 2006/08/29/Tue 11:27 [EDIT]
■感動!
じーっくり読んでしまいました。
なんだか、がんばれ~!って応援しながら読んで産まれたところで、ほんと感動しちゃいました~^^
女ってすごいね。
頑張ろう!って思えました。
ありがとう~~~
ミコ | URL | 2006/08/29/Tue 16:44 [EDIT]
■⇒ぷっぷちゃん
出産を体験すると、改めて自分の母はすごいなぁって痛感するよ。
産みの苦しみを体験するからこそ、女は強くなれるんだろうね。
ま、喉もと過ぎればで痛みはすぐに忘却の彼方だよ~”!
ai | URL | 2006/09/04/Mon 09:01 [EDIT]
■⇒sato
そうそう、出生率がUPってニュースでやってた!
ベビーブームの世代の宿命だね。
自分の子供もそんな時に産んでしまうとは。。。
出生率UP祝いとかで国から出産した人に金一封とか出ないのかしら?!
ai | URL | 2006/09/04/Mon 09:04 [EDIT]
■⇒marcoちゃん
そうそう、母は強だよ!
頑張らないと!っていう気力が大事~。
もう駄目とか思っちゃうと、体力もついていかなくなっちゃうからね。
もう8月も終わっちゃって、marcoちゃんも半年も経たないうちにbaby誕生だもんね。
すこしづつ涼しくなってきて過ごしやすくなるだろうし、お散歩行ったりするにはイイ季節になるね~♪
ai | URL | 2006/09/04/Mon 09:08 [EDIT]
■⇒ミコさん
そうなんです!
女ってすごいんです!
大変なことは間違いないんですけど、終わっちゃうと「あれ?」ってぐらい痛みとか忘れちゃうんです。。。
産んだ次の日のお股の痛みや筋肉痛は妙に痛かったことをずっと覚えているんですけどね。
(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
ai | URL | 2006/09/04/Mon 11:24 [EDIT]

Track back
TB*URL

copylight © Que-Sera-Sera. all rights reserved.
template by sleeeping!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。